News

火星飛行機・スーパープレッシャー気球の研究もランクイン。総額約57億円の「ロケット・宇宙航行システム」市場における科研費獲得ランキング

text by : 編集部
photo   : SPACEX

abs_eutelsat_launch_streak

総務省によると、企業の好業績などを背景に、企業や大学・研究機関などの2014年度の科学技術研究費総額が前年度比4.6%増の18兆9713億円となり、2年連続の増加で、リーマン・ショック前の07年度(18兆9438億円)を上回って過去最高を更新しました。また、国内総生産(GDP)に占める比率も3.9%と過去最高を記録している。

一方で、国立大学に対して支給される「運営費交付金」の削減方針を受けて、多くの大学が競争的資金である科研費(科学研究費助成事業)の応募・採択に目標を設定するなど、大学側の科研費に対する意識が変わりつつある。(※1)

そこで今回は、有望成長市場のうちの一つであり、総額約57億円の科研費を獲得している「ロケット・宇宙航行システム」市場における研究テーマ別の科研費獲得ランキングを発表する。

(※1)1月27日付 日刊工業新聞Newsウェーブ21より

 

「ロケット・宇宙航行システム」市場における研究テーマ別の科研費獲得ランキング(※2)

(※2) 2006~2015年の交付分。2016年1月時点でデータ取得

※画像クリックで拡大できます。

研究テーマ別科研費×ロケット宇宙広告システム50位まで

1位は名古屋大学の「Fly By Light Power:低パワーによる飛躍的な高速空力性能の向上」で2億2373万円。超音速流れに低パワーの高繰返しエネルギーパルスを付加し、圧縮性流れの性質を活用した新しい流体力学的機能を創成、その原理実証を行ない、飛躍的な空力性能の向上を実現、応用への展望を開くことを目的としたもの。

2位はJAXA(宇宙航空研究開発機構)の「ペタフロップス級計算機に向けた次世代CFDの研究開発」で2億1424万円。航空機等の空力設計のための次世代CFDに適した高速計算機への要求要件を明確化するため、ハードウェアとソフトウェアの観点から協調設計を行うために複数の大規模計算機を用いたBCM(Building-Cube Method)の詳細評価を行い、その結果からポストペタフロップス計算機を設計をするための重要な知見を得たというもの。

3位は東京農工大学の「ヘリコン源を用いた先進的無電極プラズマロケットエンジンの研究開発」で2億891万円。無電極でプラズマ生成・加速する、高効率・長寿命の高密度ヘリコンプラズマロケットエンジン開発と工学的体系化を目指したというもの。

4位はJAXAの「縦渦導入型広帯域スクラムジェットの研究」で1億5184万円。境界層制御について、インレットと燃焼器の境界層剥離抑制を目的に、縦渦導入装置を設計し、燃焼実験による剥離抑制効果の確認と、着火・保炎等の燃焼特性への影響を調査。また、壁面摩擦抗力低減の理論的検討を進めるなどの成果を得たというもの。

5位は九州工業大学の「宇宙システムの高電圧化に向けた超小型衛星による帯電・放電現象の軌道上観測」で1億5080万円。鳳龍弐号をベースに鳳龍四号の開発を開始、衛星の基本設計と熱構造モデルの製作・試験及びミッション機器の設計と試作を行うというもの。

6位は東京大学の「複合材構造の損傷許容設計実現のための光ファイバセンサ監視システム」で1億322万円。航空宇宙機複合材構造の損傷許容設計実現のための光ファイバセンサ監視システムを実用化するための基礎・基盤研究として、まず土台となる「損傷プロセスの観察と定式化」を進め、弾性波計測による監視システム」、「分布ひずみ計測による監視システム」両者の適用化に取り組むとともに、両者の特性を組み合わせることで、より信頼性と診断精度の高い監視システムを構築したというもの。

7位は東京大学の「光ファイバライフサイクルモニタリング援用革新複合材構造の知的ものづくり科学の構築」で7410万円。次世代航空宇宙機複合材構造への適用を目指して、熱可塑・低圧成形複合材料および接着接合技術の低コスト・高機能性と光ファイバライフサイクルモニタリングによる高信頼化技術を融合させる「複合材構造の知的ものづくり科学」を構築するというもの。

8位は東北大学の「惑星大気圏飛行のための実気流風洞試験技術の研究開発」で5005万円。火星大気中における翼周りの流れ場を模擬する特殊風洞(火星大気風洞)の設計製作と計測技術の開発に取り組み、合わせて火星大気環境下で使用できる速度場,圧力場の計測技術を開発し、 JAXAが検討を進めている火星飛行機の翼性能試験にこれらの風洞技術が有用であることを実証したというもの。

9位は東北大学の「革新的ソニックブーム低減技術の地上実証研究」で4927万円。ソニックブームを含めた超音速実験の設計・評価システムを構築し、超音速複葉翼理論に基づく低ソニックブーム超音速機形状の実用性を実証するというもの。

10位は東北大学の「超音速複葉翼理論に基づくサイレント超音速機の基盤研究」で4875万円。超音速複葉翼理論(2枚の翼を向かい合わせに配置し、衝撃波を干渉させることで、造波抵抗をなくし、ソニックブームの低減を図る理論)の根幹となる3次元翼形状の定義とパラメトリックスタディによる最適形状の決定,数値計算と低速風洞試験をあわせた超音速複葉翼の低速性能推定、超音速複葉翼に固有の始動過程に関する超音速風洞試験、バリスティックレンジを利用した超音速複葉翼による世界で初めての超音速飛翔実験、ラジコン機による低速飛行試験等を実施し、理論の構築と検証を行ったというもの。

 

次回は2月15日、「仮想現実(AR・VR・SR・MR)・3D投影」市場における科研費獲得ランキングを発表予定。


 

「ロケット・宇宙航行システム」市場における技術・特許・企業・アイデア情報をご提供します。

astavisionを運営するアスタミューゼ株式会社では、大学・研究機関の研究テーマ以外にもベンチャー企業、技術・特許、アイデアに対する情報をご提供しております。また、「ロケット・宇宙航行システム」以外にも179の有望成長市場に関して同様の情報提供が可能です。

本サービスは有料のデータ提供サービスとなっており、ご指定の市場における出願・牽制情報、注目すべき企業・技術といったフォーマットでご提供しています。ご利用希望の企業・大学・研究機関の方は下記問い合わせ窓口よりご連絡ください。また、納品データの活用方法に関する解説、データのカスタマイズやより高度な分析をご要望の場合も、対応させて頂きますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ・サンプルご請求はこちら

この記事に関連するページはこちら

astavisionをフォロー

astavision独自の情報をFacebook、twitterでも配信中!

astavisionでは「成長している市場」、「未来を創る企業」を掲載しています。

Loading