News

環境適応型農業のクラウドファンディング件数が5年間で14倍増。「四季の創出」「水資源最適化」など日本発の注目技術も

text by : 編集部
photo   : shutterstock

shutterstock_1289953943

国内では農業改革が推進され、AIやIoT、ビッグデータといった次世代基幹技術の活用が期待される農業分野。海外に目を向けると、ハイテク技術を駆使した近代的節水農業により世界随一の農業国へと発展を遂げたイスラエルのように、少ない雨量などの気候に適応し、農業イノベーションを実現した例などが見られる。

また、日本の大企業でも東レとニットメーカーのミツカワが土壌の代わりとなる筒状の繊維「ロールプランター」を用いて南アフリカで砂漠の農地転換に成功し、パナソニックと京都大学が「水をはじく砂」による砂漠農業の実現と海外展開を目指すなど、地理的条件に限定されない農業ビジネスを創出しようとする動きが起こりつつある。

このように、自然条件や気候変動に適応、あるいは人工的に自然条件を創出する技術を適用した「環境適応型農業」のグローバル市場規模は2015年で20億ドル、2025年時点で80億ドルと見込まれている。(※1)(※2)

日本では大企業が先頭に立つ形で海外での実証実験などが行われつつある環境適応型農業だが、国内外の大学・研究機関やベンチャー企業、クラウドファンディングなども巻き込んだイノベーション・エコシステムの構築に関しては未だ模索段階にある。

そこで今回は、研究テーマ・クラウドファンディングプロジェクトを、それぞれ研究フェーズ・製品化フェーズのアイデアと捉え、「環境適応型農業」におけるイノベーションの動向を分析、その結果を紹介する。

(※1)アスタミューゼ推計
(※2)「環境適応型農業」の主な技術要素は表1参照


 

■研究テーマ数が横ばいの中、クラウドファンディング件数が急増

今回、アスタミューゼが保有する世界最大級の研究テーマ・クラウドファンディング(CF)データベースを調査対象とした。(※3)(※4)(※5)

グラフ

(※3)2014-2015年に関しては、データ取得元DBの整備状況により、集計外となっている場合がある。
(※4)研究テーマの年次は研究開始年準拠。NSF(米)・NIH(米)・DGF(独)・KAKEN(日)の競争的研究資金プロジェクトとして採択された研究テーマが対象。
(※5)クラウドファンディングの年次はプロジェクト終了年準拠。

グラフの件数推移を見ると、研究テーマ数はほぼ横ばい状態の中で、クラウドファンディングのプロジェクト件数が急増、直近の5年間で約14倍の伸びを見せていることから、この分野におけるイノベーションが研究フェーズから製品化フェーズに移行しつつあることが読み取れる。

環境適応型農業におけるイノベーションを模索する大企業にとっては、研究テーマだけではなく、クラウドファンディングの製品アイデアからも事業化を検討する好機といえるだろう。

 

■「水資源の最適化」「四季の創出」「環境適応型作物」など注目の技術も

クラウドファンディングで注目されるプロジェクトとしては、日本の農業ベンチャー、SenSprout社がある。同社はプリンテッド・エレクトロニクス技術により土壌中の水分をセンシング・最適化することで世界の水資源を有効活用するというプロジェクトを掲げ、Indiegogo上で2015年までに約2000万円を集めた。

海外のクラウドファンディングプロジェクトでは、カリフォルニア拠点のベンチャーであるEdyn社がスマート・ガーデニングシステムに対し、Kickstarter上で2014年までに約4500万円を集めた。これは土壌センサが取得したデータをスマートフォンで監視でき、かつそれと連携した給水ガジェットにより適切な給水を行うことができるというもの。

また、2013年には農業分野のテクノロジーやベンチャー企業に特化したクラウドファンディングプラットフォーム、『AgFunder』が開設され、これまでに16社が総額約39億円を調達している。

研究テーマで注目されるのは、東京農工大学の萩原勲教授らによる「ブルーベリーの秋季開花・結実誘導条件の解明とオフシーズン連続生産法の開発」(2012年)で、この研究成果により「ブルーベリーの生産方法、及び該方法により得られる連続開花性ブルーベリー(特許5717111)」が特許化されている。このシステムはポット栽培のブルーベリーのライフサイクルを倍速することで収量の増加を図るというもので、太陽光・人工光併用型果樹工場に春夏秋冬の気候を再現した部屋を設け、ポットを回転式コンベアに載せてそれぞれの部屋間を移動させるという、人工的な「四季の創出」ともいえるものだ。

海外の研究テーマでは、ドイツ・ボン大学教授Dr. Dorothea Bartelsらによる研究テーマ「水利用効率と干ばつストレス耐性:Water use efficiency and drought stress responses: From Arabidopsis to Barley」(2015年)があり、遺伝子の干ばつ耐性に寄与するメカニズムを、大麦とシロイヌナズナを組み合わせて解析している。

 

表1:環境適応型農業の主な要素技術

表1:環境適応型農業の主な要素技術

 

astavisionをフォロー

astavision独自の情報をFacebook、twitterでも配信中!

astavisionでは「成長している市場」、「未来を創る企業」を掲載しています。

Loading