生活・文化の拡張領域

音声認識・音声合成・ボーカロイド

2025年グローバル市場規模予想

2000億ドル

音声認識・音声合成・ボーカロイド
米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以来、世界トップクラスのIT関連企業による音声認識技術と人工知能の開発競争が始まった。コミュニケーションロボットやゲーム、ネットワークサービスなどさまざまな場面で、音声認識・音声合成技術は基幹技術となる。さらに近年、人の音声を基に歌声を合成するボーカロイド(vocaloid)技術が、初音ミクに代表されるバーチャルアイドルというコンテンツの潮流を生み出すまでに成長。2011年にはGoogle社のCMに採用され、2014年にはLadyGagaコンサートで初音ミクの3DホログラムによるARライブがオープニングを飾るなど、世界中から注目されている。

音声認識・音声合成・ボーカロイドの活躍の場

  • ・コミュニケーションロボット
  • ・仮想現実(AR・VR・SR・MR)・3D投影
  • ・人工知能
  • ・遠隔臨場制御・テレプレゼンス・
    テレイグジスタンス
  • ・ユビキタス機器(ウェアラブルデバイス)
  • ・生体情報デバイス・バイオセンサ
  • ・GUI・ユーザーインターフェース
  • ・3Dプリンタ・3Dスキャナ・
    3Dペン(空中造形)
  • ・コンテンツ制作・コンテンツ配信

音声認識・音声合成・ボーカロイドのグローバル市場規模推定

BCCリサーチ社によると、音声認識技術の世界市場規模は2011年にすでに470億ドル、年平均16.2%ずつ成長し、2017 年には1130億ドルに達すると見込んでいる.アプリケーション単体としてのボーカロイドや各種音声処理ソフトだけでなく、Apple社のSiriのようなOSに組み込まれたシステムがグローバル市場を牽引している。

矢野経済研究所は今、「オタク」市場に関する調査結果2014を発表、2013年度の「オタク」市場を分野別に見ると、アイドル市場は前年度比19。9%増の863億円、ボーカロイド市場は同19.2%増の87億円などとしている。2011年度のボーカロイド市場規模は前年度比14.5%増の63億円であったことから、2010年以降、毎年10-20%の成長率を保っていると見られ、バーチャルアイドルとして世界的に受け入れられつつある状況や、今後10年間程度での映像・音響技術のイノベーションをも加味すると、2025年には日本国内だけで300億円(≒3億ドル)規模に達していると予想される.今後、海外への進出が進むにつれ、ボーカロイドの世界市場規模も2025年には1000億円(≒10億ドル)を超えることが期待される。

ボーカロイドを搭載したコミュニケーションロボットの家庭や職場への普及やクラウド化、バーチャルアイドルのさらなる成長によっては、 1兆円(≒100億ドル)市場への成長も不可能ではないだろう.音声認識・音声合成技術全体としての世界市場は、2025年に2000億ドル(≒20兆円)に達すると見られる。

音声認識・音声合成・ボーカロイドとの連携により発展していくと予想される事業分野

未来のクルマ(パーソナルモビリティ、 ソーシャルモビリティ)

未来のクルマ(パーソナルモビリティ、ソーシャルモビリティ)
未来のクルマ(パーソナルモビリティ、ソーシャルモビリティ)

コミュニケーションロボット

コミュニケーションロボット

生体認証(声紋認証)

生体認証(声紋認証)

ミュージック・バイオセンサ

人工声帯・人工声紋

五感の応用・人工感覚

遠隔臨場制御・テレプレゼンス・
テレイグジスタンス

この市場で活躍する可能性が高い職種です。

この市場で
活躍する職種

機械系エンジニア

ネットワーク
エンジニア

メディカル系
商品開発

電気系エンジニア

IT・通信分野研究開発

メディカル系
技術サポート

システムエンジニア

サウンドクリエイター

バイオ分野研究開発

パッケージソフト
エンジニア

ゲームクリエイター

総括

スタンリー・キューブリック監督による映画「2001年宇宙の旅」。その冒頭で、木星に向かうディスカバリー号の船長デビッド・ボーマンと人工知能コンピュータ「HAL-9000」との音声会話が描かれている。その映画が公開されてから半世紀が過ぎようとする現在、このシーンはもはや映画の中だけのものではなく、我々の日常の中で、スマートフォンやPC、あるいはお掃除ロボットやコミュニケーションロボットなど、すでに身近なテクノロジーとして経験している。Apple社によるSiriの市場投入はその中でも大きなインパクトを持つものだったが、SoftBankのPepperの登場により、SFの日常化が急速に進んでいることを実感できる.また、2007年にクリプトン・フューチャー・メディアが発売を開始した「初音ミク」に代表されるボーカロイド技術は、当初はオタク文化の一部として認識されていたものの、2011年IはGoogleChromeのグローバルキャンペーンCMの3代目に採用され、2014年にはLady gagaのワールドツアー「ArtRave: The ARTPOP Ball」のオープニングアクトに初音ミクのARライブが起用されるというコンテンツビジネスとして世界的に広がる予兆を感じされる状況にある。ボーカロイドのグローバル市場はまだ非常に小さいものの、これがコンテンツとして様々な技術やサービスと融合することにより、飛躍的な成長が期待できる.音声認識・音声合成技術の市場は現状は主にOSにより牽引されており、個々のアプリケーションはボーカロイド同様それほど大きくない.しかし、お掃除ロボットがより高機能の知能型音声対話機能を備える日は近いと考えられ、さらに、ペットロボットをはじめ、家庭用コミュニケーションロボットが普及するようになると、様々な独創性を持った音声アプリケーションがコンテンツとして求められるようになる.今後特に期待される成長市場として、ヘルスケア、未来のクルマ、セキュリティが考えられる.いずれも声紋や歌声を検知する生体情報センサとの連携がカギとなり、多様なセンスと創造性が生かされる領域といえる。

astavisionでは「成長している市場」、「未来を創る企業」を掲載しています。

Loading