Column

デジタルツイン・デジタルトランスフォーメーションの未来予測|技術トレンドを元にした今後のストーリー

text by : 編集部

デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation, DX)は、2004 年にスウェーデンの Umeå 大学の Erik Stolterman 教授が提唱した概念で、共著書『Information Systems Research』の中で「人間の生活全般にわたり、デジタル技術によって引き起こされるかあるいは影響を受ける諸変化と理解できる」 と述べている。具体的には、IoT(Internet on Things, モノのインターネット)や AI(Artificial Intelligence, 人工知能)など「データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と国が策定した指針等で定義されており、DX の取り組みや技術の進化が社会全体で進むにつれ、変革の影響が及ぶ範囲は既存ビジネスの破壊や新規ビジネスの創出にとどまらず、個人の生活や経済・社会システム全体にも拡大するものである。

デジタルツインとは、機械や機器、自動車や船舶などをサイバー空間上で仮想的に複製し、発生する事象を仮想空間でシミュレーションし、フィジカル空間でのものづくりにフィードバックする技術である。従来、製品の開発・設計・製造では、試作品を実造してテストを繰り返すことにコストや時間を費やしてい た。デジタルツインは開発・設計・製造のコストや時間を減少させるだけではなく、保守・点検の効率向上にも寄与するため、ものづくりに関わるあらゆる工程で活用でき、ものづくりのデジタル化をけん引する中核技術として期待されている。

はじめに

アスタミューゼ社のご紹介

弊社は世界の無形資産・イノベーションを可視化し 社会課題解決と未来創造を実現する、データ・アルゴリズム企業であり、
イノベーション投資の流入に加え、イノベーターの流れを機械的に分析し、データに基づいた成⻑領域を定義している。

本スライド: slideshare
アスタミューゼ株式会社: https://www.astamuse.co.jp/

本レポートのご紹介

アスタミューゼでは今芽吹きつつある黎明期の技術シーズや今後 10 年から 20 年 のスパンで大きく開花すると期待される初動段階の技術市場に重点を置きつつ、生活文化の中に根 付く技術にも光を当て、総じて未来を創る技術分類の網羅に取り組んできた。
このために、国内第一線の知を結集して全世界の論文・特許、国内外の国際会議やシンポジウム、展示会等の情報並びに独自ネットワークによる口コミ情報を活用し、136 の有望成長市場と、40 の 未来技術を選んだ。主にビジネス視点で策定された有望成長 136 市場を対象にしており、本レポートは、『デジタルツイン・デジタルトランスフォーメーション』の未来推定に特化した内容となっている。

事業会社に向けては、イノベーションに関わる経営課題を中心に戦略構築支援/実行支援を実施しており、
・自社の既存事業の優位性がいつまで続くかわからない
・既存事業の成長が踊り場にきているので、使っている技術 を別で活かせる可能性を探りたい
・既に着手している研究開発を続けるべきどうか、もしくは 自社開発ではない方法があるかを含めて検討したい
といった企業のよくあるお悩みを解決している。

デジタルツイン・デジタルトランスフォーメーションの現状

2016 年に閣議決定された第 5 期科学技術基本計画において提唱された Society5.0 は、「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)」と定義されている。
DX の進展により、全ての人やモノ、データがつながって生産性が向上し、新しい価値や製品・サービスが創出されるようになると、従来のように特定の分野や組織に対して「部分」最適化されていた制度やシステムが、社会全体にとっての「全体」最適化されると見込まれており、少子高齢化や地方の過疎化、貧富の格差といった社会課題の解決にもつながると期待されている。

今後の見通し

2020 年の新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の世界的流行により、サイバー空間とフィジカル空間の融合は更に加速すると予想されている。Before コロナでは、DX 推進のためデジタル基盤の整備とデジタル技術の活用が進められていたが、With コロナでは、新たな生活様式と多様な働き方を持つ個人や、データ活用を進める企業が活動の場をサイバー空間に活動を移し、デジタル基盤・デジタル技術の活用を前提とした分散型社会となると見込まれている。IoT, AI, Big data に加え、5G(第 5 世代移動通 信システム)が社会全体を変革してゆく重要な技術となるであろう。

市場規模予測

アスタミューゼ社による『デジタルツイン・デジタルトランスフォーメーション』現在の世界市場規模推定と近未来の世界市場規模予測。

2022年には推定5,166億米ドル だったものが、2030年には27,926億米ドルになると予測している。

スタートアップ投資動向と投資額

デジタルツイン・デジタルトランスフォーメーションの2010 年から 2019 年の 10 年間における世界のグラントの資金流入額は総額 $90M である。

本レポートでは、
・世界のスタートアップ設立社数と被投資額の累計/推移
・グラント採択数と総配分額ランキング
・世界のグラント配分額上位25テーマ
・日本のグラント配分額上位25テーマ
を提供している。

主要企業

本レポートでは、デジタルツイン・デジタルトランスフォーメーション分野において、現時点で保有する技術が総合的に優位な企業を各種特許指標から評価し、ランキング形式でリスト化して提供している。

主なプレイヤーとして、
国外では、
・State Grid Corporation of China (国家電網公司)
・International Business Machines Corporation (IBM)
などが含まれ、そういった
上位企業の保有する特許の中で、特に競争優位性が高い特許の概要と、最高エッジ指数での定量的な評価を記載している。

最新の技術開発具体例

本レポートでは、デジタルツイン・デジタルトランスフォーメーションにおける最新の技術開発事例を紹介している。

デジタルツイン・デジタルトランスフォーメーションの未来予測

未来の構成要素

本レポートでは、デジタルツイン・デジタルトランスフォーメーションに関連する・情報通信技術(ICT)
・人工知能
・モノのインターネット(IoT)
・クラウドサービス
・次世代移動通信システム(5G/6G)
・スマートテック
・X-techなどの技術要素と、
そういった様々な技術の進化、新しい可能性の発現、企業の把握すべき範囲を記載している。

未来のストーリー想定

本レポートでは、近未来に、6G 次世代通信規格の普及と共にデジタルツイン化が活発になるデジタルツイン・デジタルトランスフォーメーションについて、
未来のトレンドとして想定し得るストーリーを記載している。

おわりに

本レポートの目次

会社概要

アスタミューゼ株式会社: https://www.astamuse.co.jp/

この記事に関連するページはこちら

astavisionをフォロー

astavision独自の情報をFacebook、twitterでも配信中!

記事はありませんでした