News

「人工筋肉・ソフトアクチュエータ」市場で特許出願件数の多い大学・研究機関トップ5

text by : 編集部
photo   : shutterstock.com

astavisionの提唱する180の「成長市場」のうち、「人工筋肉・ソフトアクチュエータ」市場における各大学・研究機関の特許出願件数(2005~2014年)を調べてみた。その結果をランキング形式でご紹介する。

 

「人工筋肉・ソフトアクチュエータ」とは

人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチュエーター(作動装置)である。とりわけ、空気圧で伸縮するゴム人工筋肉(空気圧ラバーアクチュエーター)は作動する力が強く、工場で重いものを持ち上げたり運んだりする作業機械やロボット、パワード・スーツ(ロボット・スーツ)、ドライブ・シミュレーターなどに応用されている。今後、災害や事故等からの人命救助ロボットや、生体内埋め込み型の人工臓器、空気圧を電気エネルギーに変換して蓄積する新しいエナジー・ハーベスト技術など、人工筋肉が活躍するフィールドはますます広がると期待されている。

人工筋肉ランキング

ランキング詳細

1位は大差で独立法人産業技術総合研究所に。「人工筋肉・ソフトアクチュエータ」市場で特許出願している技術は「アクチュエータ素子の駆動方法及び製造方法」など43件がある。

2位の信州大学は「ゲルアクチュエータ及びこれに用いるゲル」など15件。3位の山梨大学は「高分子アクチュエータ素子、及びそれを用いた点字用ディスプレイ」など12件。4位の東京理科大学は「歩行補助装置」など8件を出願5位の福井大学は「エネルギー変換用繊維材料及びそれを用いたアクチュエータ」など6件、同じく5位の東京大学は「流体アクチュエータ」など6件を出願している。

 

astavision「人工筋肉・ソフトアクチュエータ」市場ページでは、この市場に参入している企業、2025年のグローバル市場規模、この市場で活躍できる職種などを紹介している。

astavisionをフォロー

astavision独自の情報をFacebook、twitterでも配信中!

astavisionでは「成長している市場」、「未来を創る企業」を掲載しています。